処方薬のプロペシアで薄毛が改善

薄毛はやはり早めの治療が大事

気になったのが生え際の後退 / 明らかに髪の毛の質が弱々しくなっていることが分かります / 薄毛はやはり早めの治療が大事

抜け落ちた髪の毛が細くて短いために変化がないのだろうと思っていましたが、実はプロペシアによって抜け毛を抑えているために新たに抜け落ちる髪の毛が少なくなって全体的な量をキープできていたそうです。
つまり、副作用が治まれば自然とボリュームが出てくるということになります。
服用し続けて3ヶ月が経過した頃、明らかに髪の毛が増えてきました。
写真で撮っても分かりますが、手で触ると本当にボリュームが出てきたと感じることができます。
目立っていた頭皮も見えにくくなって、おでこだった部分から少しずつ弱々しい髪の毛が生えてきていますので、広がったおでこももしかしたら元に戻るかもしれないとかなり気持ちが上がりました。
半年が経過する頃には大きく変化して、薄毛になる前の状態まで戻ることができました。
かなり早く効果が出た方だとは思いますが、それはケアを始めるのが早かったからだと思います。
医師にも「まだ治療をしなくても大丈夫そう」だと言われましたが、これ以上薄くなるのは避けたかったので、早めだと分かりつつも開始したという経緯があります。
薄毛はやはり早めの治療が大事なのだと実感しています。

プロペシア 処方薬プロペシアの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】